ドッグフード 犬のおやつ

国産フードは安心・安全

投稿日:

犬に食べさせる物は国産が一番安心

犬に食べさせるおやつやドッグフードは国産が安心安全とあなたは思っていますか?

パッケージに国産と書いてあれば大丈夫と思って、買うことがあるのではないでしょうか。

国産のものと海外のものと言う基準だけで選んでしまうのは少し注意が必要です。

確かに、海外産だと輸入の際の配送による品質の低下という点を考えると国産の方が配送のリスクは低いのかもしれません。

だた、品質管理は国産の商品はすべて完璧という事でもありませんので過信は禁物です。

結論を言えば、国産が安心安全という保障はない

人の食べ物でもそうですが、国産が安心・安全という保障はありません。生産者と消費者の信頼の上に成り立つものも多く、人間の食べ物のように明確な基準があったとしても、表示改ざんや残留農薬の基準値を超えたものが流通してしまいリコールなどというニュースが流れる事もあります。

 

リコール情報サイト で確認ができるものもいろいろありますので気になる方はチェックしてみて下さい。

ペットフードは文具・娯楽用品のカテゴリーに掲載されます。

 

特に国産のドッグフードやおやつは品質基準があいまいです。フードやおやつを生産や販売をする場合農林水産省に「ペットフード製造業」という届け出をするだけで製造できるようになるのが今の日本のペットフードの現状です。

 

特に、ドッグフードやおやつは海外の方が日本よりはるかに厳しい基準で生産されている場合が多いので海外産=よくないという訳ではないというのを覚えておくと良いかと思います。

国産だから安心・安全と何も考えずに購入するのは少し待った方が良いかもしれませんよ。

 

国産だから国産材料を使用しているわけではない

国産=材料も国産と思ってしまいがちですが、そうではない物も沢山ありますので、購入する際に確認が必要です。

ドッグフードやおやつは最終加工をした国が原産国になるという決まりがあります。

原材料が国産(日本)でも海外の工場で最終加工をしてしまえば海外産になってしまうのです。

メーカーや製品によっては原材料がどの国のものなのかという表記があるフードやおやつもありますので、気になる方は購入するさいに確認すると良いですよ。

このブログをみてちょっと気になった・・・と言う方はぜひ、スーパーやコンビニ、ホームセンターなどの犬のおやつを確認してみて下さい。スーパー、コンビニ、ホームセンターなどで売られている犬のおやつやフードはほとんどが国産です。

ただ、スーパー、コンビニ、ホームセンターなどで販売されているものはペットショップやサロンのような専門店に比べてかなりリーズナブルです。

 

ここで1つ質問です

あなたは鶏モモ肉を購入した経験がありますか?

鶏モモ肉を買う際に国産のものとブラジル産のものの値段の違いを見たことがありますか?

「なぜ、フードの話で鶏モモ肉が出てくるの?」と思われたかもしれませんね。

先ほどのスーパー、コンビニ、ホームセンターで買える国産の犬用のフードやおやつとペットショップサロンのような専門店の国産のフードやおやつのお値段の違いに繋がってきます。

 

同じ国産でも使われてる原材料が外国産か国産かによって製品として出荷されるときの値段が変わると思いませんか?

鶏モモ肉の話しをしたのは原材料費の事を分かって欲しいと思ってさせてもらいました。

 

一概には言えませんが、スーパー、コンビニ、ホームセンターの国産フードとおやつは原材料が外国産の確率が高く、ペットショップやサロンなどの専門店の国産フードやおやつは原材料が国産の確率が高いです。

 

本当に材料が国産なのかというのを見分ける目安の一つにお手頃価格で手軽に変える場所には原材料が外国産の確率が高いと思っていても良いと思いますよ。

 

 

国産品の質はいろいろ

これは特にドッグフードに当てはまりやすいのですが国産の質はものすごくばらつきがあります。

逆にドッグフードになると外国産は高価格ラインを日本に輸出しますので、低価格ラインは日本に入ってくる事がほとんどありません。なので、ドッグフードに関してはある程度外国産の方が品質は保証されている可能性が高いです。

 

こだわり抜いた原材料を使った国産フードから1キロ数百円程度の国産フードまで入り乱れております。

あなたがもし国産にこだわるのであれば、原材料一覧をみて納得できるものがどうかを見極められる知識が試されてきます。

 

国産がない材料もありますよ

使われている材料すべて国産!というのは時には難しい場合があります。

そもそも日本で育つものではない場合は外国産を使うしかありません。

例えば、チョコレートのような雰囲気を出せるキャロブという材料は日本にはありませんので、必然的に外国産のものとなってしまいます。

 

日本で育てているものの、生産量・流通量が少なくドッグフードや犬用のおやつに使うのには高すぎる場合もあります。

例えば、オリーブオイル。日本でも四国で作って生産していますが、100%国産というのは人間用でもなかなかないそうです。なので、ドッグフードに使うのは到底無理。もしくは国産のオリーブオイルを使うのであれば1キロ1万円はくだらない超高級ドッグフードになるそうですよ。

 

お肉にかんしても同じ事が言えます。鶏肉は成長スピードも速いので、国産の原材料としてとても使いやすいです。

逆に、ラム肉や鹿肉、馬肉などは生産量が海外の方が安定しているので外国産の場合が多いです。

ジンギスカンで有名な北海道。お店で提供されているラム肉の90%以上が輸入です。国産は全体の1%にも満たないそうで、そんな貴重なラム肉をドッグフードやおやつに使う事はできるのか、少し考えれば分かるとおもいませんか?

 

まとめ

国産品は安心、安全と思い込みやすいですが高品質なものばかりではないので、注意が必要。

あまり、リーズナブルすぎる物は原材料が国産ではない可能性が高いのでパッケージの表示をチェックして。

全て国産にこだわると買えるものの幅が狭くなるかもしれないので、時と場合によっては外国産の材料も受け入れてもいいかも。

-ドッグフード, 犬のおやつ
-, , , , , ,

Copyright© 一般社団法人犬の食養生推進協会 , 2020 All Rights Reserved.