未分類

老犬の体重を増やす方法

投稿日:

老犬の体重を増やす5つの方法

あなたは愛犬が老犬になった時に体重を増やす必要があった場合、どんな手段をとりますか?

  • 手作りごはんにする?
  • 持病もあるので特に食事は変えない
  • フードを今までのものよりハイカロリーなものに切り替える?
  • 缶詰などを使う?
  • 点滴を打ってもらう?

どんな手段が思いつきますか?

なりふり構ってられない時という時が必ず来ます。

どんどん痩せていく愛犬…

どうすればいいのかが分からない。

あなたがもし、そんな状況になった時どうすればいいか関係ないな、と思う間に考えておく事をオススメします。

なぜなら、いざ愛犬が倒れた時冷静でいられないから。

かくいう私…2021年で犬の仕事について20年目に入りました。幾度となく犬を看送り、看病も介護も沢山、飼い主さんと一緒に経験してたはず。

なのに、愛犬の武ちゃんが2021年の2月に倒れた時泣きじゃくってしまいました。朝の8時半までは普通にしてたのに…

30分後の午前9時にはふらついて歩行もままならなくなり、嘔吐…

このまま死ぬかもしれない

これが頭の中でぐるぐると…

冷静に症状を見ることができず、死んでしまうと言う思いに囚われてしまったのでした。

倒れる前9.5キロあった体重は2週間もせずにあっという間に7キロに減少。

倒れてから排泄も意識的にする事が難しくなり、マナーベルトをしてましたが、どんどん痩せて細くなるウエストをマナーベルトを巻く度に「このまま餓死してしまうのでは」と思ってました。

とりあえず、持てる全ての手段を使いまくって…

倒れて2ヶ月後には体重が9.4〜9.6キロをウロウロ。ほぼ、元に戻せたのです。

↑ふくふくのお尻が戻った9キロ記念の1枚。

倒れた直後は

食べられない日々が続きました。

沢山食べた!と思っても下痢。食べた以上に下痢で体重が減るなんて事も。

今日はどれを食べるだろう。

今は何がいいのだろう。

そればかりを考えてました。もし、あなたが今、愛犬の介護中ならきっとこの気持ちがわかってくれると思います。

食事事情、武ちゃんの場合

我が家は基本、普段はみんな手作りごはんを食べてます。おやつもほぼ、手作りのもの。

倒れた時に「市販のものを食べるはず!」と思い、あれやこれやと買いに行ったのです。

 

倒れた時に用意したものをずらっとあげますね。

  • いつものご飯
  • お肉を圧力鍋で柔らかくしたもの
  • 半生のドッグフード
  • 缶詰のドッグフード
  • 犬用ちゅーる
  • 柔らかい犬用ジャーキー
  • 私が焼いたパン
  • 自家製スープ各種
  • かすてら
  • プリン
  • ヨーグルト
  • セブンイレブンの110円のメープルカステラ
  • チーズ
  • シフォンケーキ
  • 市販のパン(高級食パン)
  • マドレーヌ
  • 子猫用レトルトパウチフード(ペースト状)
  • 猫用エナジーちゅーる
  • 半生キャットフード
  • ドライキャットフード
  • 缶詰のキャットフード

ざっとこんな感じです。

細かく書けば、もっと種類はあるのですが、こんな感じ。

さて、何を食べるかな?とちょこちょこ出す。

今日食べないものを明日食べるかもしれない。

昨日食べなかったものを今日食べるかもしれない。

今日、良く食べたものは明日には食べないかもしれない。

食べるものは毎時間変わる。

それを理解してても思ったより食べてくれない我が子を見るのはきついです。

武ちゃんの場合

倒れて90日ぐらいまでは

市販の犬のものはほぼ全滅でした。

食べるのはこちらが手作りしたもの。

それと、子猫用のペースト状になったキャットフードを少々。

気まぐれにチーズ。

 

市販のものを食べてくれると非常に助かるのですが、どれも口元に持って行ったらプイ!っと顔を背けて食べてくれず・・・

 

うそでしょ・・・と愕然としてしまいました。

普段、手作りごはんをしているお家にとって市販品は伝家の宝刀!

 

なんせ強烈な香りづけをしてある食べものですからね。

食べてくれると思ったのに・・・まさかこんなに食べないとは。

 

どうしたらよいのか・・・とさすがに悩みました。

 

愛犬が倒れた時にキャットフードを使う理由

唯一、食べてくれる事が多かったのはキャットフードです。

体調がある程度戻ってくるまではガブガブと歯を使って食べるという事が出来なくなった我が家の武ちゃん。

舌でペロペロと舐めとる食事方法で最適だったのは子猫用の完全ペーストのごはんでした。

 

レトルトパウチに入っていて、具材がとても滑らかになっていた物。

 

じゃあ、犬用のちゅーるでもいいんじゃない?と思われますよね?

猫用のペーストのごはんと犬用のペーストのごはんでは

猫用の方が香りが圧倒的に強く、脂肪分が高いという傾向があります。

 

香りが強く、脂肪分が高いのは食いつきが良い事が多いです。

 

元気で、若い子

老犬でも元気で、健康に問題ない子

には猫用のフードを使う事は一切オススメはしません!

 

大切な事なので、もう一度言います。

猫用のフードを犬にあげる時は緊急事態で愛犬がやせ細り体重を増やすことが何よりも先決!という場合のみです。

 

元気で若い子(成犬も含む)

老犬でも元気で、健康上の問題が何もない子には一切ススメておりませんので、勘違いなさりません様にお願い申し上げます。

 

一応、犬用のちゅーるも購入したのですが、体調が戻ってきたな!という実感がわくころまではほとんど食べてくれませんでした・・・

 

猫用のレトルトパウチのフードは犬用よりも種類が多く、購入しやすいのも飼い主的に助かるポイントでもありました。

段々、食べる力が戻ってきた後はペースト状のキャットフードからカリカリのキャットフードへ移行して、2021年5月現在購入したキャットフード(カリカリ)が残すところあと100g程度。こちらが食べ終わり次第、キャットフードは卒業とする予定です。

 

ドッグフードより、キャットフードの方が魅力的なのです。

先ほども少し書きましたが、犬用より香りが強く脂肪分が高いので食いつきが良いです。

 

老犬で、食べてくれるものが少なく痩せていって・・・とお悩みのあなた、キャットフードを少しお試して購入されるのも一つの方法ですよ。

 

ただし、食事の制限がかかっている病気を患っている場合は病院の先生と相談しつつ今は病気のケアが優先か体重を増やすのが優先かを決めて体重優先!という場合に使える手段になります。

 

猫ちゃんようはお試し小袋という感じで小分けで売っている物が結構多いので、食べなかった時のお財布へのダメージも少ないですよ(笑)

 

食べるのが優先、何よりも体重を増やさないとこれ以上がガリガリに痩せてしまうと回復する体力さえなくなる・・・

そんな時はなりふり構わず使える手段を1つでも多くストックしておくというのは飼い主にとって必要な事だと思っていますし

今回の武ちゃんが倒れた時はなりふり構わず行動しました。

 

ひと口食べればもうひと口、もうひと口と食欲に火が付きやすくなります。

そんな時に着火剤の役割をしてくれたのが、キャットフードだった。

 

もし、悩んでいる方がいれば何かの役に立てばと思い今文章に残しております。

 

ドッグフードを猫にあげると栄養不足が起こりますが

キャットフードを犬にあげても栄養不足は起こりません。

 

常食するのは1mmも進めませんが、うちの子の緊急事態!と言う時にこれがふと思い出してくれたら嬉しいな・・・と思います。

 

その他の食べさせたものは

長くなりそうなので、また次回に。

チーズ、自家製ちゅーるなどみんないずれはやってくる老犬生活。

これを読んでくれてるあなたの役にちょっとでも立てればいいな・・・と思ってます。

ではでは。

-未分類

Copyright© 一般社団法人犬の食養生推進協会 , 2021 All Rights Reserved.